Work 4 Holiday

work4hd.exblog.jp
Top

<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

KAT-TUN
と言うグループ名が、メンバーのイニシャルを組み合わせて作ったものと言うのは
比較的知られているのかな?と思うのですが

ファンである、私達が「ハイフン」と称されているのは
あまり一般的知識ではないですよね?

ハイフンとは「-」
KATTUNの間にある、あの記号の「-」
5人のメンバーを繋ぐ「-」

「-」が無くなったら、KAT-TUNは繋げない
私達ハイフンも、KAT-TUNと言うグループを構成するメンバー・・・なのだそうです。



話は戻って
6年半前、横浜アリーナでの衝撃の初KAT-TUNライブ体験からの
Kちゃんと私の行動は、超~~~~スピーディーかつアクティブ!!
初ライブの興奮冷めやらぬうちに、
ジュニア情報局と言うジャニーズJr.のチケット情報を手に入れる為のFCに登録し
3ヶ月後の6月には、初めて自分達で申し込みをしてチケットを手に入れてのライブへGo!

しかも・・・・・いきなり仙台へ!

ファンになって、たった3カ月でいきなり新幹線で遠征って!?
どんだけアホなんだ私達!?

直近で行われる首都圏のライブが無いと言う事情もあったのですが
それほど、「もう一度彼らに会いたい!」と言う気持ちが強かったのでしょう(^_^;)

2度目のKAT-TUN経験は、横浜アリーナより小さめの会場で
しかも彼らの初の全国ツアー最終日と言う事もあってか、初めて参加した時よりも
もっともっともっと!楽しかった!
これで、私達が底なしのKAT-TUN沼にズブズブとハマって行く未は確定・・・・・
そして今に至る(-_-)


私がファンになってから6年半
KAT-TUNと言うグループは、たくさんの大きな荒波を乗り越えて来ました。

私達が出会った頃の、「恐い物無しのジャニーズJr.の王様」から
日本一の男性アイドル事務所の大型新人として派手なデビューを果たし
彼等の風貌や言動からか、憶測も事実もひっくるめてスキャンダルの数も大型新人級。
さらに中心メンバーの突然の留学から脱退・・・・・

普通のアイドルヒストリーでは、あり得ないほどの波乱万丈。

それでも、私もKちゃんも、
一度もKAT-TUNのファンを辞めようとは思いませんでした。

どうしてだろう?時々考えます。

でも、答えは簡単。
KAT-TUNは必ず、「期待以上」を私達に見せてくれるから。

初めて行ったライブよりも、二度目の仙台・・・・そして今に至るまで
彼らは、必ず進化した、私達が想像した以上のパフォーマンスを見せてくれました。

スキャンダルで、メンバーの一人に大ブーイングが起きたライブでも
メンバーの留学のゴタゴタの時でも
東京ドーム8日間連続のハードなライブでも
そして、5人になっても・・・・

彼らと会った後は常に
「楽しかった!」「早くまた会いたい!」と、心から思わせてくれるのです。

この1年
アーティストとしての自覚を持って、KAT-TUNをさらに大きくしていく為に
真摯に努力を積み重ねて行こうと言う姿勢が、彼らの発言や行動から強く感じられます。

そんな努力の積み重ねの結果でしょう
この秋からは、レギュラー冠番組も復活!メンバー3人のドラマ出演、単発バラエティーへの出演多数と
一時は減ってしまっていたメディアへの露出も、さらに充実した形で増して来ています。
ファンとしては、すごくすごく嬉しい事です♪



長々と読んで下さった皆さま、ありがとうございました。

ぜひ!ぜひ!私が大好きなKAT-TUNにご注目下さい!
今の彼らは、見てくれる人すべてを幸せな気持ちにしてくれるパワーに溢れています♪

アイドルらしからない・・・・が、枕詞のようになっている彼らですが
実は、その見た目に反して、見る者の気持ちを楽しく幸せにして
もっと!もっと!見たいと思わせてくれる
王道のアイドル=ドリームボーイズだと、私は思っています。
[PR]
by nankichi_0501 | 2011-09-29 13:08 | 日々の戯言
私のはじめてのKAT-TUN体験から、数ヵ月後。
赤西くん、亀梨くんが出演したドラマ「ごくせん」が始まりました。
このドラマは、一般には無名だったジャニーズJr.の二人を
一躍時の人に・・・・・

そして、ちょうど「ごくせん」最終回直後
私の二度目のKAT-TUN体験の機会が訪れたのです。

とある広告代理店に勤める友人から
「KAT-TUNのライブチケットが譲れるけど、いかが?」とのお誘い♪
もちろん「行く!行く~~~~!!」

早速、中学からの親友Kちゃんを誘って
横浜アリーナへGO!


そのお誘いに乗った事で、私達の人生は完全に変わったのです。


友人が譲ってくれた座席は、なんと!
センターステージど真ん中のまん前3列目、しかも花道からも3列目!!
今ではどれほど念じても手に入らないような、超~~~~~神席!!!

もちろん、その時には神席のありがたみなど、まったく解っていなかった上に
精一杯おしゃれして応援ウチワやペンライトを持ったティーンのお嬢さん達に囲まれた
アラサーの私達(当時)の居心地の悪さったら・・・・(^_^;)

当時は、今のようにover30女子がアイドルのイベントに行く事はあまり一般的ではなく
しかも、人気が出てきたとはいえ、まだまだマイナーなジャニーズJr.(やんちゃ系)のライブ。
「業界人でも無さそうだし・・・もしかしてチビJr.のお母さん?」と怪しまれていたに違いない(-_-メ)


でも、ライブが始まったら、隣の席が誰だろうと関係無し!
ド派手なライブに釘づけ!

ロック、ヒップホップ、ジャズ風、バラード・・・・およそ「ジャニーズ」のイメージからは連想できない
様々な曲調の楽曲を歌いこなし、激しいダンスを踊り続け
会場に縦横に張り巡らされた花道を走りまわりながら
投げキス!ウインク!腰振り!怒涛のファンサービスを繰り広げる
彼らのパワーには、完全に圧倒されました!

そして、初KAT-TUNのライブで一番印象的で衝撃的だったのは
「観客無くしては、絶対に成り立たないライブ」だったと言う事。
そんなの当たり前!なのですが、KAT-TUNと観客の関係は一味違い
ただ、アーティストのパフォーマンスを「観させていただく」のでは無く
私達観客の反応で、彼らが動き、魅せてくれるのです。

ファンの女の子達の「キャーーーー!!」と言う悲鳴のような歓声で
彼らは、パワフルに歌い、ダンスは益々激しくなる
そしてさらに悲鳴を上げさせる為に、投げキスをし手を振る

観客は「お客様」ではなく、KAT-TUNを動かすエネルギー

その相互関係は、私がそれまで観てきたライブパフォーマンスの概念を覆すものでした。
・・・・と、そんな小難しい言葉は不必要!

彼らのライブを堪能するには、頭をからっぽにして、感情と感覚のスイッチだけをオン!
後はひたすら、彼らのパフォーマンスを素直に感じて反応するだけ!!


白シャツデニム姿で、透明のエレキギターを抱え、堂々とソロ曲を歌い上げる赤西くんの姿に魅了され
亀梨くんが、いきなり指ピストルで、私達を含むアリーナブロックを「バキュン!」と撃った時
Kちゃんも私も、完璧にKAT-TUNに堕ちて行ったのでした・・・・・・・



キャンプブログのはずなのに、何故か無駄に熱いKAT-TUN推し
まだ続く・・・・・・(@_@;)
[PR]
by nankichi_0501 | 2011-09-28 12:14 | 日々の戯言

ドリームボーイズ

日曜日に千縄楽を迎えた、帝劇100周年記念公演
ドリームボーイズ

通いました。
親友Kちゃんと、私達の夢の男の子達に会いに
・・・・・って
すでに文頭から、痛い空気になっちゃってますね(^_^;)

ジャニーズ事務所所属のアイドルグループKAT-TUNが大好きなのです。
大好き・・・・とか超えて、キャンプと同じ様に私が生きる一部になってます。

いい大人が痛いです・・・・ウザいです。
客観的に見て、かなりキモいかも?とも感じます。
でも、もう6年半変わらず、この状態なのです(^_^;)
今までいろいろなアーティストのファンになりましたが、最長記録更新中・・・・・


きっかけは7年前の夏。
友人から「台湾のジャニーズファンの為にチケットを買ったのだけど、余ったので見に行かない?」と
誘われました。

「Summary」と言うその公演は、NEWSとジャニーズJr.が
ジャニーズ事務所の歴史をミュージカル仕立てで振り返るもので、今でもHey!Say!Jumpを中心に
引き継がれている演目ですが、この時が初演。

ジャニーズに関して一般的知識以上ほとんど無かった私が出演者の中で判別できるのは
ドラマ等で活躍しているNEWSの山下智久くんのみ。
なんとなくイメージで、細身の小柄な男の子達が適当に歌ってダンス的な事をするのだろうと
特に期待も無く、「後学の為に・・・」位の軽い気持ちでチケットを譲ってもらったのですが

見てビックリ!!
小学校低学年?と思われる子から、テレビで見知っている山下くんまで100人以上の
ジャニーズJr.の少年達が、完璧なプロ意識を持って、歌にダンスにアクロバットに大活躍!
ミュージカルとサーカスとライブコンサートの魅力を併せ持った、華やかなステージに圧倒されました。

中でも、一人ひとりの歌やダンスのクオリティの高さ、そして女の子達の歓声の大きさで
他の少年達から、頭一つ抜けていたのが、黒と赤の衣装の6人のグループ。
特に、スラリと背が高くふわふわの髪で、抜群に歌の上手い男の子は強烈に印象に残りました。
女の子達の歓声も、彼と同じグループの小柄なアクロバットを綺麗に決める男の子がダントツ!


観劇後、私の中でのジャニーズのイメージは「テレビで見かける明るく元気な男の子達」から
「興味の持てる見るべきもののある男の子達」に完全に変わったのだと思います。
その頃から、NHKのジャニーズJr.の番組をチェックするようになり
黒と赤の6人の男の子達=KAT-TUNのメンバーの顔と名前も覚えました。
ふわふわ髪で歌の上手い男の子は、赤西仁くん。
その相方?(ジャニーズではシンメと言います)の小柄な男の子は、亀梨和也くん。

Kちゃんによると、その頃私は彼女に「ジャニーズに、Kちゃんも好みそうな男の子がいたよー」と
興奮気味に話していたそうです(苦笑)


でも、私達が本当にKAT-TUNに堕ちるのは、ここから半年先の話。
この時私は、台湾のあるアーティストに夢中だったのでした・・・・・


私にとっての「KAT-TUN Summary」
勝手につづく(^_^;)
[PR]
by nankichi_0501 | 2011-09-27 10:40 | 日々の戯言

湾岸マイブーム

d0226492_16343026.jpg

「湾岸」はバブルの香り、「マイブーム」は平成初期の匂い
そう言えば最近、誰もが使う「香り」や「匂い」のする言葉って少なくなってきてません?
流行の移り変わりが早すぎるのか?
小さなコミュニティーでだけ通じる言葉が多すぎるのか??

それはともかく
先日の野鳥公園があまりにも気に入ったので、東京港の水辺巡りが楽しい今日この頃。
久しぶりに、城南島海浜公園に行ってみました。

ここは、都心に一番近い(多分)キャンプ場がある所。
我が家がキャンプを始めた頃に、候補地として下見に来て以来の訪問です。

秋の始めのビーチは、適度に賑わってイイ感じ♪
キャンプ場では、グループBBQを楽しむ方たちが宴もたけなわ♪
暑さも落ち着いて、快適キャンプシーズン到来ですね♪

キャンプに静けさを求める我が家には、今後も縁は薄いと思われる場所ですが
都バスで手軽に来られるので、大勢でワイワイBBQを楽しむには、とっても良さそう~♪

うううぅぅうう(-_-メ) キャンプ行きたいぞ~~~~~~~~~~~!!!!!!
[PR]
by nankichi_0501 | 2011-09-26 17:00 | ソトアソビ -オデカケ-

バイバイ!ありがとう!

d0226492_223429.jpg

我が家の大事な家族の一員だったエクス君を手放しました。
赤くてタフな可愛い奴でした。

三年間、無事故!
キャンプ道具をてんこ盛りに積んでも、良く走ってくれた!
ドロドロに汚しても、ガンガン水拭き&水洗いできて素晴らしかった!
オーダーした訳ではないのに、8877と言うラッキーなナンバーがお気に入りだった♪
指示に逆らってばかりの私達とは最後まで不仲だったけど(^_^;)
丁寧な言葉遣いで上品なカーナビちゃんは良く頑張ってくれた!

エクス君、本当にお疲れ様。ありがとう!
優しいオーナーさんが引き継いでくれるといーな


我が家の新たなパートナーは、エクストレイルとはまた一味違ったタフさを備えていそうな
クールブラック★
次回キャンプでのデビューが楽しみです♪
[PR]
by nankichi_0501 | 2011-09-24 22:37 | 日々の戯言

オアシス

台風が去って、急に涼しくなりましたねー
ニュースによると、今晩~明日山間部は10℃台まで冷え込むとか・・・・
ついこの間まで真夏だったのに!極端すぎるでしょ??

先日の続き
都内で緑を探し、うろちょろ

品川でのランチ後、「そうだ!しながわ水族館に行こう!」と意気込み向かった所
午後二時過ぎだと言うのに、駐車場は50分待ち・・・・(-_-)
「休日はいつもこんな感じですよ~。今日も朝一番から満車です」と係の方(^_^;)
残念・・・・・さて、どうしよう?

そこで思いついた先は
東京港野鳥公園
d0226492_21364953.jpg

東京ベイエリア、羽田空港に近い大田市場に隣接した、野鳥の楽園です。
上の写真の通り、倉庫や工場が立ち並ぶ湾岸に、ひょっこりと自然の干潟が残され
多くの鳥たちが羽を休めている姿を観察できるのです。

場内には、屋内から干潟の様子を観察できる立派なネイチャーセンターや
より自然に近い形で鳥たちの姿をウオッチングできる観察広場が設けられていますが
基本的には、自然そのままの形が残されていて、ここが都会のすぐそばだとは到底思えないほど
緑に触れ、和める場所です。
d0226492_21373688.jpg

↑ ここはネイチャーセンターの地下から干潟に出た所
干潟の上に、ステンレスの足場?で通路が作られ、直接干潟を歩いて観察できるのです。
遠くに立っている杭の上には、野鳥たちがじっと羽を休めています。
d0226492_21371812.jpg

干潟には、蟹がうじゃうじゃ!時折ハゼが跳ねる姿も見られました。

ネイチャーセンターで使わせて頂ける望遠鏡で、平和な野鳥の姿をぼ~~~っと見ていると
すぅ~~~っと、日頃の緊張感がほぐれて行く心地よい感覚があり
いつまででも見ていられそう♪ 癒される

連休中だと言うのに来場者も少なく、のびのび自由に自然に触れる事が出来て大大満足!
今度はお弁当持って、のんびり訪れたい場所でした。
[PR]
by nankichi_0501 | 2011-09-23 22:16 | ソトアソビ -オデカケ-

星加坡?

d0226492_12134236.jpg

連休はシンガポールにいま~~す♪


・・・・・・
ウソで~~~~~~す★wwww

9月いっぱい相方こんこんが平日北関東方面に長期出張中で土日だけ帰ってくるスケジュール。
今日も、まだ連休中なのに朝早くから旅立って行きました。
つまり、今年の我が家はシルバーウィーク無し(-_-)
残念ですが、まぁ、仕方ない。そんな時もあるさ・・・・

ハードな出張の日々でクタクタのこんこんが「少しでも自然に触れたい」と言うので
緑を求めて、都内をうろちょろ
しかし・・・あまりの暑さに挫折・・・・暑すぎる!
そこで品川駅前の、シンガポールシーフードリパブリックでランチ。
d0226492_1214720.jpg

緑のガーデンを眺めながらの食事は気持ちいい
風が吹き抜けて行くので、暑さも厳しくありませんでした♪
↑ 海老のココナツ揚げ。さくさくで美味しかった♪
d0226492_12144119.jpg

海南鶏飯。久しぶり♪
鶏肉もジューシーで、そこそこ美味しい
・・・けど、やはり以前マラッカで食べた。ちっちゃくおだんご状に丸めたチキンライスに
スイートチリソースが添えられた、名物鶏飯には及ばず・・・・
サテもオーダーしたのですが、ピーナツソースがイマイチ好みではなく・・・・


シンガポールフードは難しい・・・
現地でも、お店によって味もアレンジも違うので、同じメニューでも必ず口に合うとは限らず
とにかく食べ歩いて、好みの店を見つけるしか無い
このレストランでは、そんなシンガポールフードを平均値にして、
さらに日本人の口に合うように?薄めの味付けにしていると思われ
評価は難しいです・・・・(^_^;)


シンガポール
意外に好きな街なのです。
街としての個性や、人の面白さは香港や他のアジアの国には敵いませんが
ガーデンシティと呼ばれるだけあって、清潔で整然とした都市なのに緑いっぱい
様々なルーツを持つ人々の文化が混在しているのに、
なぜかゆったりとした他のアジアの都市とは違う、独特の爽やかな空気が流れている感じが好き。

日本にいながらにして、そんなシンガポールの空気を感じられるレストランでした。
食後、「やっぱり、本物のシンガポールに行きたい~!」と強く思ったので
政府&観光局公認レストランとしては、営業作戦成功??www


そして・・・ビルの谷間の緑に触れた後
都会のはじっこにぽつんと残された、鳥たちのオアシスを訪ねたのでした♪
そのお話は、後ほど・・・・・・
[PR]
by nankichi_0501 | 2011-09-19 13:14 | 美味

都会の野菜

d0226492_11413431.jpg

ヤッホー!会社員卒業♪晴れて自由の身~♪!(^^)!♪
なんて、浮かれていられたのは一瞬だけ・・・・・
今週末に控えた資格試験の為、机に張り付いて一夜漬けに励む
さえない日々を送ってます(-_-)

そんな中、リアル嵐を呼んでしまった嵐国立コンに参戦すると言うBちゃんに
私がアウトドアで愛用している雨具一式を貸し出す為、
長靴抱えて丸の内へ・・・・

フランス通のBちゃんと落ち合ったのは、パリでおしゃれぴーぽーに評判だと言う
ローズベーカリー丸の内店

「ベーカリー」と言うと、ご近所のパン屋さんを想像しちゃいますが
ココは、丸の内にあるクラシックモダンな明治安田生命ビルの一階にある
コムデギャルソンのショップに併設された・・・と言うか、まんまショップの一角にある
おしゃれ~~~なカフェ。
食事している横では、普通にギャルソンの服が陳列されていて、
普通~に店員さんがお仕事していて、普通~にお客さんがお買いものしてます。


なんとも不思議な空間なのですが
私は、香港の中環や金鐘のセレクトショップ内によくあるカフェスペースを思い浮かべ
Bちゃんは、パリで最近人気のとあるカフェに良く似たコンセプトだなぁとの感想
香港・パリ、どちらのカフェにも共通するのは、頭の先からつま先まで良く手入れされて
最新のファッションに身を包んだスノッブな・・・おっと失言!
いかにもハイソサエティに属している風の方々*:.。☆..。.(´∀`人)が
平日昼間からおしゃべりに興じていて、新しいお客が入ってくると、チラリと一瞥して値踏み
・・・みたいな、恐めの空気が流れているイメージ(^_^;)


ココ、日本の丸の内店の平日お昼は、近くにお勤めの丸の内OLさんのランチ客がほとんど
ピースフルな空気が流れてます♪(*^_^*)

ローズ「ベーカリー」なのですが、このお店の売りは ↑オーガニック野菜を使ったヘルシーなメニュー
そしてお料理にはパンドカンパーニュが添えられます
d0226492_11395735.jpg

塩味がついていないバターなので、ピンクソルトをガリガリして下さい・・・と言うスタイル

全体に薄味
それが素材を生かしたヘルシーメニュー・・・・と言われれば、それまでですが
私は、キャンプで地方に行った時、直売所等で出会える、味の濃~い野菜が好き。
にんじんなんて、にんじん嫌いの人には絶対食べられないだろうなぁ~と言う位、にんじん風味の濃いものに
出会えると、小躍りしたくなるタイプなので
・・・・・・・ちょっと物足りないかな?いろんな意味で・・・・と言う感想
都会の、おしゃれ野うさぎになった気分を味わえる・・・・かな?(^v^)

でも、あっさりメインメニューの良いところは、罪悪感無くデザートがオーダーできる事
d0226492_12101547.jpg

と、言う訳で
手前は私がオーダーしたオレンジアーモンドケーキ、奥はBちゃんのチョコとヘーゼルナッツ?のマフィン
コレは美味しかったです♪
苦み系のイギリスマーマレードが大好物の私にはストライクど真ん中来ました★
この味はイギリス人オーナーさんの好みなのかな??
しかもアーモンドプードル入り~~~~~♪
コーヒーもしっかり深みのある味で美味しかったです。


路面店で入りやすい場所だし、ブティックの片隅なのに居心地も悪くないし
丸の内近辺でちょっとお茶・・・・と言う時の選択肢の一つに良いかも?


ところで、
コンサート終演間際、最後の最後になってスコールのような土砂降りに降られちゃったBちゃんには
お貸ししたアウトドア雨具が「スペシャル役立ち!」と大変感謝されました。
エーグルのレインハットは最高だったそうです←持ち主の私は、そんな土砂降りの中でかぶった経験無し

都内では、「思ったほど降らなかったねぇ」なんて肩すかしだった感が高かった台風でしたが
紀伊半島方面の被害報道には、心が痛みます。
海も、山も、自然は私達にたくさんの恵みを与えてくれるけれど、
今年は、たくさんの痛みにも直面させられますね・・・・
亡くなられたの方々のご冥福をお祈りするとともに、
孤立されている方々に一刻も早く救援の手が届きますように。
[PR]
by nankichi_0501 | 2011-09-08 12:07 | 美味

 ★★★Author★★なんこ★★★ フィールドで飲むビールをこよなく愛し 相方こんこんと旅・キャンプ&スノーシューを楽しんでます♪